山下達郎@金沢歌劇座 

昨日、金沢歌劇座山下達郎のコンサートを

見に行って来ました。

 

富山から金沢まで車で行くんですが

高速乗り慣れてないから久し振りに乗ると

すごく疲れます・・・・・。車多いし・・・・・。

 

17:30過ぎに会場に入り、18:30に

開演しました。しかし・・・・客層を見て思うんですが年々

高齢化が進んでいます。自分で言うのもアレだけど

まだ自分(33)でも若い方だと思ったから・・・・・。

 

山下達郎

いつもの細身のパンツに、赤いシャツを

着て登場。以前来た時は音響があまりよくないと

思ったんですけど、1年半ぶりだったのですが、

音響はホールという会場にしては凄く良いな、

と思いました。特にヴォーカルは強くそう感じられました。

 

前回のツアーは「MANIAC TOUR」というツアーで、

タイトル通りで普段演奏しない曲を中心にやっていたのですが、

今回は「50周年という事で明るく!」(達郎氏)という感じで

演奏されました。

 

毎回圧倒されるのはバックバンドの演奏の迫力です。

全員がもの凄く卓越したテクニックで。

ライブ活動を再開した年からずっと同じメンバーらしく。

 

達郎氏のヴォーカルも、凄いです。

63歳という年齢からは考えられないような声で。

ただ一つだけ思ったのはさすがに全盛期の声は

出せないらしく、CDでは出ている部分は少しアレンジを

加えていて、さすがにそこは年齢なのだなぁと。

 

MCでは、コンサートに行った人はわかると

思うんですが、結構毒舌家で

気難しそうに見えるんですが、実際は非常に茶目っ気のある

所をうかがわせたりします。基本的に常にユーモアを

交えつつ、時に毒を挟む、という感じで。ただすごく

彼の素直な人柄が伝わってきます。言いたい事は言わないと

気が済まないらしいです。

 

コンサートは3時間半に及び、前回や前々回より

30分増えてて、それを休憩なし(MCはありますが)で

続ける山下達郎の体力には本当に驚かされました。

そしてやはりコンサートは素晴らしかったです。

 

まだまだ続けるつもりという事も言ってたので、

これからも彼のコンサートには足を運びたいと

思いました。