坂本龍一

のコンサートに行って来た。

場所は金沢県立音楽堂。

行くまでの高速で久々の高速だったので

怖くて超ビビりながらもなんとか着いて、

開場前のロビーに入るが、その時点で

客がびっしり。

 

中にはバーカウンターみたいのがあって

皆そこでコーヒーなど注文して開場を待っているらしい。

 

開場。19:00になるとステージにオーケストラの人が

入ってきて、最後に坂本龍一登場。実はどういう訳か知らないが

最前列の左側の席だったので、近い!坂本龍一が指揮者らしき

人と握手して、(でもその握手した人最後まで指揮しなかった・・・・)

手を上に挙げ、オーケストラを指揮する。

 

流石は東京フィルハーモニー楽団というべきか、演奏が

素晴らしい。そして坂本龍一の曲もその演奏に劣らず

素晴らしい。

 

僕は以前大阪まで行って坂本龍一のピアノソロコンサートを

聞いたが、心に響く、と言ったら安っぽく聞こえるかもしれないが

そんなコンサートだった。今回、坂本龍一はほとんど

ピアノを演奏せず、指揮を担当した。坂本龍一のアルバムでは

流れるオーケストラの音を感じられた。

 

ただ、18年振りの金沢公演に、ピアノ曲が「bibou no aozora」と

戦場のメリークリスマス」だけだったのは金沢のお客さんが

ちょっと可哀相かなぁ、と。ただ、また来る機会はあるだろうし、

それを楽しみに待つ事にする。