最近の愛聴盤

 

Mid Air

Mid Air

 

 Blue Nileという超寡作バンドであり

伝説的なバンドのフロントマン、ポールブキャナンの

ソロアルバム。

 

最初はそのアンビエント性に身を委ね、

自分自身から逃避したくなるほど

気持ちのいい音楽として聴いていた。

しかし今は、このCDを揶揄する時に

よく使われるダンディズム、というのが

わかってきた。彼は決して逃避の音楽を

作ったのではない。彼なりの、彼自身の

音楽性を打ち出した、しかし静かな快作というべき

アルバムだ。

 

とは言ってもやはり聴いていて気持ちいい。

ポールブキャナンの声は全てを受け入れるような

優しさを持っているが、それは彼の意図したものでは

ないのであろう。

 

Blue Nileの作品と共に、一生聴けていける作品だと思う。