伊藤ふみおについて

(アクセス向上を目指して、これからウザいくらい

告知していきます!)

 

昨晩KEMURIのライブに行って来た。

KEMURIと言えば、アラサーの人々にとって

(僕はちょうど30だが)学生時代の青春の的だったバンドだ。

 

勿論ライブは素晴らしくて、

年甲斐もなくモッシュなんてしてしまった。

さすがにダイブはしなかったけど、モッシュでもみくちゃに

なって楽しむ楽しみというものも久々に感じた。

 

まぁ、ライブはそんな感じで。

 

伊藤ふみおは未だ元気だった。

髪型がカッコ良くなってた。MCは

いつも通り前向き。時折「大丈夫?」と

客を気遣う優しさも忘れてなかった。

 

彼の掲げるアティチュードは「PMA」。

Possitive Mental Attitude。肯定的姿勢。

全てを肯定的に捉え、いい方向へと考える。

 

活動休止前の活動中、何かのインタビューで

PMAを続ける事に対して「そりゃツライですよ」とか

言っていたような気がする。

 

でも彼は折れない。今回もずっと

前向きだった。

 

しかし。いつも思うのだが、PMAを掲げるというのは、

ある種宗教的な思想を自分の中に掲げる事ではないか。

しかもとても重い。彼はいつも笑顔で。

でもきっと汚いものだってたくさん見てきたはずなんだ。

それでもそれを全く見てないかのような出で立ち。

 

メンタルの強靭さもあるのだろうが、あそこまで

貫けるところが僕には正直理解できない。いや、

悪いとは思ってないし、むしろカッコイイと思っている。

だが、謎なのだ。彼は何故いつもあんなに笑顔を貫けるのか。

 

ライブは最高だったが、ふとそんな事を思った。