映画の日なのでアニメ映画2本見てきた。

1つは「まどかマギカ後編」で、もう一つは「エヴァンゲリオンQ」。
順に感想書きます。


まずまどマギ。やっぱりまどマギって凄い。
と思った。この作品以降Fate/Zeroとか
今はPSYCHO-PASSってアニメやって
引っ張りだこの虚玄淵(うろぶちげん)だが、
正直これが彼のベストワークだと思う。
あれだけ絶望におとしめて、かつそこに
至るプロセスも見事ながら、かつ最後に
完全なるハッピーエンドとは言えないながらも
観客が納得できうる結末を持ってくる所が凄い。


まず、魔法少女→魔女になってしまうっていう
プロセスが面白い。そして最後の最後まで魔法少女になる事を
決断しないまどか。


これは総集編だし、(とは言え新規カットも多かったけれど)
新しい所はないんだけれど、やっぱりまどマギは
凄い作品だったんだと思わされた。



さて、ネタバレ注意です。
Qね、見てきたんだけど・・・・・・感想は
「さっぱりわからん」(SW)。いや、でもね、
まず思ったのが皆シンジ君に対して冷たすぎだろ・・・・っていう。
そんなねぇ、覚醒したら首が吹っ飛ぶ仕掛けを首に
施している人を信じろなんて無理な話ですよ。
サードインパクトが起こるとは思っていたけど
未だにゼーレがなんかしようとしている所がまずSW。
あとミサトさんの組織もSW。あの船(名前忘れた)もSW。
二本の槍もSW。もうとにかくわけわからん(WW)。


あとさ、やっぱりシンジ君に対して皆冷たすぎ。
14年経ってるとはいえ、ミサトさんは無視するし、
アスカは怖いし、綾波はポカ波じゃなくなってるし。
そりゃ最初の場面でエヴァに乗りますよ。


とりあえず一回じゃホントにワケわかんないのでもう一度
見に行きます。それでも訳わかんないと思うけど・・・・。