無償というもの

現在大阪市長の橋本氏が話題です。
公務員に対する厳しい姿勢や、都構想、
教育改革など。


思うに政治家ってなんでいるんでしょう。


元々はこの国をもっと小さい範囲でいうと
この地域をよくしたい、と思って
始めたのでしょう?それが今は
利権目当てのためのものとなっている。


東日本大震災でたくさんのボランティアが
派遣されましたが、その時驚いたのは、
あまりにも募集に対して応募が殺到して、
抽選になった事です。


この、人の人へ対する無償の思い、
それはある意味人間のとても美しい部分だと
思います。


そこで橋本市長の話に戻ります。
彼は今激務に追われていると思うんですよ。
その上で自分の給料は下げても構わないと言う。


彼のそこまでのストイックな姿勢とは
なんなんでしょう。やはり、大阪をよくしたいという
気持ちから出るのでしょう。それは、きっと
自分への見返りというものはごく僅かでしかないはずです。


しかし、そんな人達がいるからこそ、
僕達は楽に生きているのだと考えます。


僕達の暮らしはたくさんの無償によって
支えられているのです。


そんな事を思いました。